スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
先日、「子供のことば」についての講演会を聞きました。
幼稚園PTAからの強制参加ですが(^ ^)





自分の意思をことばにできない子。
単語だけで話す子。
読む・書くばかり教えられて、聞く・話す機会が少ない子供たち。。




そんな幼稚園時代を過ごすと、小学校になってこんなことが起こったよ。
こんな子供達が多いよ。

という話を聞きました。




脅しではないけれど、すごく共感するところがありました。




聞く・話す機会を積極的に増やすには、

「晩ご飯の時の会話」と「寝る前の絵本」



それだけでいいそうです。



これなら私も出来そう!と思い、
晩御飯の時には積極的に会話したり、寝る前は絵本タイムにしています。




最近は寝る前に、こんな本を読んでいます。




「みんなのかお」


これは図鑑に近いかもしれません。



中身はこんな感じ。
同じ動物の写真がずらーり(^ ^)






どこが違う?
どれが一番好き?
耳のところ、こんな風になってたんだ!
なんでこんなに顔が赤いの?



子供たちの話は尽きません(笑)


「今日は絵本読むのしんどいな…」と言う時にもおすすめ

眺めているだけで楽しいです。







「きょうのおはなし なあに」


私が小さい時に読んでもらっていた本です。


30ウン年前の本ですよ~。



「きょうはこれにする!」
と弟といっしょに母に読んでもらっていたのを覚えています(^v^)






一日一話のお話。

行事の日には、それにちなんだお話になっていて、子供達も食いついてきます。







挿絵がいろいろなタッチの絵があっていいなと思います。

日本の昔話から、外国のお話まで。




読み始めてしばらくすると、娘はあくびをし始めます(笑)



絵本は感情をこめて読むより、流れるように穏やかに読むほうがいいそうですよ。
そのほうが子供の想像力が働いたり、集中力が付くそうです。





改定新版はこれ。




最後に。

これは決して寝る前に読んではいけない本(笑)




「冒険!発見!大迷路」シリーズ。




昔で言う「ウォーリーを探せ」。
今では「ミッケ!」

そんな感じの本です。







見つけるだけでなく、迷路ありクイズありで、いろいろ楽しめます。




この中に猫がいますよ。見つかりますか?^ ^




******





余談ですが、講演会で先生が言っていたお話をシェアします。





「こどもはうれしいことがあったり、褒められたことは同じことを何回も何回も言いたいのです。

3回目くらいまでは笑顔で聞けるけど、4回目くらいから正直もういいわ・・・と思いますよね。


そんな時、”もうその話いいわ”とか、”さっき聞いた”と答えていませんか?」





ドキッ!!(-_-;)
ふ~んとか言って流す時もある・・・。




「じゃあ、どうすればいいのか?」




「また同じ話をし始めたら、

ちょっと待って!その話、お母さんはよーく分かったよ。


でも、お父さん(おじいちゃん、おばあちゃん)は知らないよね。




お父さんが帰ってきたら、教えてあげてよ!”

(おじいちゃんにも教えてあげようよ。電話してみる?)


と言ってあげれば、子供は今度は違う人に言えるんだと満足します。

是非、子どもの言葉の郵便屋さんになってあげてください。」



言葉を遮るのではなく、言葉の郵便屋さんになる。
とってもステキだと思いました♪







長くなってしまいました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^♪





応援クリックしてくれるとうれしいです(^v^)ランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
日記(子供のこと) | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。